ひかり税理士法人 滋賀トップページ

» 業務案内

» 税務顧問サービス

» 税務調査の立会

税務調査の立会

事前の準備、当日の立会いはもちろん、調査後もお客様に納得いただくまで折衝します。

また、税務調査が入った際でも慌てないよう、月次の段階から調査を考慮した処理や資料準備の方法を指導いたします。

1. 税務調査の流れ

税務調査の流れ

(1) 事前打ち合わせ

  • 調査対象期間における税務留意点をピックアップし、調査に対応できる体制を整えます。
  • 調査直前に会社に訪問し、資料確認と整備の打ち合わせをいたします。特に商品の保管方法など実際に現場でしか確認できない事項についても、精査いたします。
    →会社の概況、会社の組織図、役員や株主名簿、株主総会議事録、契約書等

(2) 調査立会

調査には、終日立会いをします。

(3) 事後打ち合わせ

調査指摘事項への対応、今後の方針を決定し、お客様が納得いくまで税務署との交渉を行います。

(4) 調査終了

修正事項が発生した場合は、修正申告書の作成及び会社の改善提案もさせていただきます。

2. 税務調査の種類

税務調査は、一般的に「任意調査」と「強制調査」に分かれます。

  • 「任意調査」

    納税者が提出した申告書が適法に作成されているかチェックするために行います(税務調査といえば、この任意調査を指すことが一般的です)。

  • 「強制調査」

    脱税の事実を国税局が把握し、これに基づいて強制的に行われる調査のことをいいます。

基本的に調査は、納税者に事前連絡があり、日程調整を行います。

しかし、飲食店、パチンコ店など現金商売の場合、予告無しに店、事務所そして社長宅に調査官が来ることがあります。この調査は、上記で説明したように、任意調査のため強制力はありませんので当日に調査を受けなくても構いません。この場合、顧問税理士に連絡し、当日は調査が受け入れられない旨の説明を行い、税務署と当日以外に税理士の立会いの下で再度、調査する日の調整を行います。

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright