ひかり税理士法人トップページ

» 業務案内

» 理美容・飲食店コンサルティング

» 多店舗展開されている経営者様

多店舗(チェーン)展開されている経営者様へ

このようなことでお困りではないでしょうか

  • 経営理念、ビジョンがスタッフに浸透していない
  • 中期経営計画がなく3年後の見通しがつかない
  • 店舗別損益計算書がタイムリーに作成されず、スピーディーな経営判断ができない
  • 新規出店に際しての資金繰りの目処がつかない
  • 各店舗の顧客満足度が把握できない
  • 各店舗スタッフのモチベーションが低い

これらの課題を解決して多店舗展開の企業が成長していくためには「3つの視点での見える化」を実現させる必要があります。
flow

1. 戦略を見える化する [経営計画書の策定と実践]

社長のビジョンを明確にし、あるべき姿に向けた戦略のマネジメントサイクル(PDCA)を実現出来ます。

中期経営計画の立案

自社の理念、ビジョンを明確にし自社を取り巻く環境と自社の強み、弱みから課題を整理します。

行動計画として、(1)対象項目「何を」(2)責任者「誰が」(3)方法・手段「どのように」(4)数値目標「どの程度」(5)達成時期「いつまでに」を明らかにします。

行動計画から数値計画

経営計画の内容を数値計画として作成します。目標及び行動計画の内容を数値として落とし込み、採算性をチェックします。

将来3年~5年間の損益計算書、貸借対照表を作成するだけでなくキャッシュフロー計算書も作成し、会社の資金の流れを計画します。

2. 業績を見える化する [管理会計の導入]

店舗別や事業別の収益性を迅速に把握し、課題を顕在化させることで的確に意思決定を行うことが出来ます。

タイムリーな業績把握

会社の現状把握や経営計画の進捗管理においては、個々の会社に必要とする業績数値をタイムリーに把握する必要があります。

現在の厳しい経済環境化においては、前年売上10%Up予算で経費予算も策定すると、すぐに赤字に転落を招きます。前年実績と現状の環境を考慮し、場合によっては売上Down予算でも、コストDownにより黒字予算を計画し、進捗管理を行うことで営業利益の確保を実現します。

管理会計導入により3つの改善を実現!!

キャッシュフロー改善

営業活動、投資活動、財務活動によるキャッシュフローの最適化

収益の改善

収益改善ロジックツリー等を活用した、重要管理指標と会計との連動による、収益改善を実施

財政状態の改善

目標B/S作成と改善ステップにより、財務の健全性の確保

3. CSを見える化する [顧客の声から業績改善]

顧客満足度調査の実施により、店舗毎の顧客の声を社長が把握することで現場改善による業績Upが出来ます。

社長がCSを把握する

多店舗展開においては、社長が全店舗の情報を収集し現場のCS状況を把握することは困難です。

そこで調査会社を使った顧客満足度調査を活用することで、各店舗の強み、弱みを理解し、その店舗に合った課題改善に取り組むことが出来ます。

現場のモチベーションUp

調査を実施することで、スタッフに「コミュニケーション」の重要性を意識させやすくなり、その結果、お客様への接客レベルの向上が期待できます。これに、客単価アップ・利益率向上のためのオーダーコントロールへ取組み等を実施すれば、大幅に店舗収益を改善することが出来ます。

現場の改善サイクル

現状の確認

御社の3つの見える化レベルをチェックしてみましょう!

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright