ひかり税理士法人トップページ

» ご相談事例・よくある質問

» 領収書などの保管について

相談事例

領収書などの保管について
料金を支払った場合は領収書をもらう必要がありますか。どのような資料が必要でしょうか。いつまで保管する必要がありますか。

料金を支払った事実を証明する資料が必要となるため、領収書やレシートをもらう必要があります。その他にも請求書や納品書、取引明細書なども重要な書類のため保管する必要があります。事業にかかる支出であることを証明することがポイントです。 帳簿類や決算書類などは一定期間保存することが義務づけられています。原則的に帳簿類や決算書類、領収書や預金通帳などの証憑類は7年間を保存しなければなりません。

【戻る】

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright