ひかり税理士法人トップページ

» ご相談事例・よくある質問

» 退職金を受け取った場合の税金

相談事例

退職金を受け取った場合の税金
退職金にかかる税金を教えてください。確定申告が必要ですか?

退職金は職場で所定の手続きをしておくことによって、所得税及び復興特別所 得税が源泉徴収され、住民税が特別徴収されるため、これで課税関係が終了し、 原則として確定申告をする必要はありません。

退職金にかかる所得税及び復興特別所得税の算出方法は、退職金の額から退職 所得控除額を差し引いた額に1/2を掛けて課税退職所得金額を算出し、これに所 得税の税率を掛けて、控除額を差し引いた残りの金額が所得税額(基準所得税 額)となります。

退職所得控除

  • 勤続年数20年以下・・・40万円×(勤続年数)
  • 勤続年数20年超 ・・・800万円+{70万円×(勤続年数-20年)}

退職金 1/2課税

退職金の金額から退職所得控除の金額を差し引き、算出された金額の2分の1の金額が課税対象となる退職所得です。

【戻る】

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright