ひかり税理士法人トップページ

» ご相談事例・よくある質問

» 死亡退職金の相続税について

相談事例

死亡退職金の相続税について
父が在職中に亡くなり退職金を受け取りました、相続税申告について教えてください。

亡くなった本人(被相続人)に支給されるべきであった退職金等で被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものを受け取ったときは相続財産とみなされ相続税の対象となります。 ただし、相続人が受け取った退職金等は全額が相続税の対象にはならず、法定相続人1人当り500万円は非課税になります。

役員弔慰金については、税法上以下のとおりに非課税が定められています。

  1. 業務上死亡の場合は、死亡時の普通給与の36か月分は弔慰金として非課税となり、それを超える場合は死亡退職金として相続税の対象になります。
  2. 業務外死亡の場合は、死亡時の普通給与の6か月分は弔慰金として非課税となり、それを超える部分は死亡退職金として相続税の対象になります。

【戻る】

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright