ひかり税理士法人 滋賀トップページ

» 業務案内

» 社会福祉法人会計サービス

社会福祉法人会計サービス

1. 会計に関するお悩み

  • 専門的知識を持った職員がいないため、会計入力を専門家にお願いしたい。
  • 将来的には職員自らで会計処理を行えるよう専門家に自計化の支援をしてもらいたい。
  • 日々生じる会計・税務の疑問に対して、随時、専門家に相談できる体制を整えたい。
会計サービス
会計入力代行 日々の会計入力を代行します。
自計化支援 適正な会計処理を行えるよう自計化の支援を行います。
月次監査・決算 月次による会計処理をフォローするとともに、日々の税務・会計の疑問にもお答えします。

2. 官公庁申告対応に関するお悩み

  • 専門的知識が必要となる法人税や消費税等の申告は専門家にお願いしたい。
  • 行政監査の対応には不安があるため、専門家に立会いをお願いしたい。
官公庁申告サービス
税務申告代理 税務のプロとして法人税や消費税をはじめとする申告業務を代理します。
行政監査立会 行政監査に立会い、会計・税務面において行政監査の対応をサポートします。

3. 経営サポートに関するお悩み

  • 新会計基準に対応する経理規程を整えたい。
  • 介護収入や経費支出の状況を分析し、業界平均と比較することで経営分析を行いたい。
  • 会計業務を効率化して、人件費等の削減につなげたい。
  • 中長期的な経営計画の策定と効果的な予実管理の進め方については、専門家のサポートのもとで行いたい。
経営サポートサービス
経理規程見直し 法改正に対応した経理規程の整備をサポートします。
経営診断・分析 各種財務指標を算定し、業界平均と比較することで、経営診断・分析を行います。
会計業務改善指導 会計業務を見直し、業務の効率化につながるサポートを行います。
MAS監査 経営計画の策定から予実管理までをフォローし、経営計画の実現をサポートします。

4. 新会計基準移行サポート

平成23年7月27日に厚生労働省より社会福祉法人の新しい会計基準が発出されました。新基準への移行は平成24年4月から平成27年3月までで、約3年の猶予期間があります。「いつから移行するのか、どのように進めていけばよいのかな・・・」など、お客様とご相談しながら、最善の移行を目指し、サポートさせていただきます。

ヒアリング

  • お客様から沿革・事業内容などについてのご説明を受けます。また現場見学等により、事業全体の把握に努めます。
  • 日々の入出金から月次試算表作成までの経理の流れのご説明を受けます。
  • 経理規程、決算書類、総勘定元帳などにより経理内容を確認させていただきます。

flow

現状分析

  • ヒアリングによって得られた情報を元に、新会計基準への移行がどの程度必要になるかを検討します。
  • 移行以外で、改善がすぐに必要な会計上の課題が出てきた場合は、改善案を提示します。

flow

移行への調整

  • 移行までのスケジュールを打合せさせていただきます。
  • スケジュールに従って、勘定科目の整理・見直し、リース資産の計上などの調整項目を一つずつ検討し、決定していきます。
  • 会計ソフトの諸変更にも対応し、必要に応じて操作指導をさせていただきます。

flow

規程等の見直し

  • 現行の経理規程を新会計規準に沿った規程に見直します。
  • 経理規程どおりに経理処理ができているかといった運用面のチェックも行います。

flow

次のステージ(経営に寄与する経理部門) 経営サポート

  • 新会計基準への移行と並行して、経理部門の業務改善をお手伝いするサービスも承っております。
  • 法人内での自計化、逆に、社外への委託など、法人の規模などによってより合理的な経理部門の構築が考えられます。新会計基準への移行の際に抽出した、「経理の課題」について法人の皆様と一緒に考え、法人経営に寄与する経理部門の構築をサポートさせていただきます。

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright