平成30年分から配偶者控除が見直されます!

平成30年1月1日から配偶者控除が見直されます。

関連記事:平成30年1月1日からは3種類の配偶者が登場します。

 

どう見直されるのか?というところですが、まずは下の表をご確認ください。

出所「源泉所得税の改正のあらまし 平成29年4月 国税庁」

 

具体的には次のとおりです。(本人・配偶者ともに収入が給与のみの国内居住者で、配偶者がその年の12月31日現在で69歳未満の場合)

 

・配偶者の収入が150万円以下の場合、本人に38万円の配偶者(特別)控除が適用されます。

 

・配偶者の収入が150万円を超えると段階的に控除額が減り、201万6千円以上になると本人に控除が適用できなくなります。

 

・本人の収入が1,120万円を超えると段階的に控除額が減り、1,220万円を超えると本人に控除が適用できなくなります。

 

ポイントは、これまで103万円であった配偶者の収入のカベが150万円~201万6千円に段階的に設定され、これまで制限のなかった本人の収入のカベが1,120万円~1,220万円に段階的に設定されたということです。

本人・配偶者の収入形態、居住国、年齢等によって控除の有無と額が異なりますので注意が必要です。

相続・起業・税務会計の事お気軽になんでもご相談下さい。

お問い合わせ

ページの先頭へ

ひかり税理士法人 滋賀事務所 〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目15番5号 ネオフィス草津501号 TEL.077-598-0501 (代),FAX.077-598-0511

copyright